にちじょう

なにげないひびを、つらつらと

餃子パ

いつも通り昼過ぎに目を覚ました後、学校へ行かなければならない用事を思い出す。

思い出した、というよりは、研究室同期からのLINEで気づいた、というのが正解である。

 

でもその前に、大事な院進学のための、受験費用振込に向かった。

まずは郵便局。かなり混んでいてなかなか順番が来ない。

やっと順番が来て受付をしてもらうも、ウチでは受領証を渡せないとのこと。

道を挟んだJAならできるとのことなので、急いで向かう。

JAも混んでいて、待つこと数分。声をかけると、席を移動するように言われる。そして、移動した先の係員さんからがっかりする言葉をかけられた。

「本日の払込時間は終了していまして・・・」

時計を見ると、3時1分。何のための移動だったんだろう・・・。

 

ともかく、銀行というものは時間にしっかりしているんだなあと思った。月曜日に、改めて銀行に出向こう。

 

---

 

その後研究室に向かった。

今日もとても暑くて、これから更に気温が上がるだなんて信じられないほど暑かった。

 

涼しげな顔で歩いている人がいると、こんな体に生まれたかったなあなんて思ってしまうのだけれど、そんなこと考えてても虚しくなるだけである。

 

研究室に到着したあとは、ちょっとだけ作業をして、それから餃子パーティーのための買い出しに向かった。

 

色々レシピが分からなかったけれど、LINEで聞いたり、レシピを調べたりして乗り切る。

友人宅到着後は餃子作成開始である。

 

約100個ぶん作るとなると、かなりの分量になる。

作業する手はニラ臭い。

 

 

前回も餃子パーティーしたけれど、その時より美味しかったと思う。

ビールも飲めたしたのしかった!

広告を非表示にする